しゃぶ匡のアグー

当店のアグーは安心安全です

当店の豚肉は、琉球在来種アグーまたは黒琉豚アグーのみを使用しており、現在までに感染は報告されておりません。また、厳正な出荷チェックをおこなっておりますので、感染した豚肉が当店に入荷されることはございません。どうぞ、ご安心ください。

なお、CSF(豚熱)の県内発生を受け、風評被害が懸念されているため、以下にCSFに関する情報を掲載させていただきます。

・CSFに感染した豚の肉が市場に流通することはございません

・豚コレラという名称は、キャッチーな名称のためメディアで好まれて使用されておりますが、ヒトに感染するコレラとは全く異なる病気です。たまたまCSFが発見された地域でコレラが流行していたため、便宜上、呼ばれただけの名称です。現在では、無関係なヒトのコレラを想起させる​として、豚熱と呼ばれています。

・万が一、CSFに感染した豚肉を食べるようなことがあったとしても、人体には全く影響ございません。CSFは、豚やいのししの病気であり、人に感染することはなく、世界的に人体への影響は報告されておりません。

当店のアグーはもちろん、県産豚を食べても全く問題ございません。安心安全にお召し上がりいただけます。どうぞ​安心して県産豚肉をお召し上がり頂き、県産品を応援してくださればと思います。​

MENU REVAMP

常連様向けランチメニュー

平素は、しゃぶ匡をご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、このたび「毎日しゃぶしゃぶは食べられないけれど、しゃぶ匡でランチを食べたい」と思ってくださるリピーター・常連様向けのランチタイムメニューとして、下記のメニューを追加いたします。

・島野菜とアグーのタコライス

・自家製麺 沖縄そば

・阿古寿し

・やんばる若鳥のカレーライス

・アグー冷しゃぶランチ

しゃぶ匡ならではの沖縄ランチです。

季節の沖縄フルーツを使用した安心安全の手作りジェラートや、香り高いハンドドリップ珈琲もご用意しております。やんばるの自然に囲まれた空間で、やんばるならではの味わいをお楽しみください。

なお、上記のメニューは「2度目以降の御来店のみ、ランチタイム限定でご予約可能」です。ご旅行などで初めてしゃぶ匡にお越しの際は、まずはアグーしゃぶしゃぶをご堪能下さい。

従来どおり、アグーしゃぶしゃぶコースを含め、ランチ/ディナーともに、お食事はすべて事前予約にて受付をいたします。

shop_1400_933

臨時休業のお知らせ

陶芸の窯焚きのため店舗ディナー営業を下記の日程で休業いたします。

2020年1月13日(月)~17日(金)

窯焚き最終日を除き、ランチタイムは通常通り御予約にてオーダーを承ります。日程変更の場合は本ページにてお知らせいたします。ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。

謹賀新年

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

2020年がいよいよスタートしました。しゃぶ匡は2019年11月にオープンしたばかりではございますが、多くの皆様にご来店いただき心から感謝いたしております。

本部町の小さなお店ではありますが、お客様が訪れる度にやんばるの新しい発見や沖縄料理の美味しさへの喜びが感じられるようなお店にしたいと思っております。

旧年中はGoogleでの更新ができない状態になり、お店の最新情報をお伝えすることができないでいたり、御予約のお電話に出ることや急なご来店に対応することが難しく、せっかくの機会を受け入れることができなかったりと、大変に課題の多い2ヶ月でございました。

2020年も、しゃぶ匡は完全予約制としてスタートいたします。お客様のお声や頂戴するメッセージの文面から、どのような形で料理をご用意すればよいか思いめぐらせながら、一人ひとり、一組ひとくみのお客様と気持ちを通わせることができればと考えております。

料理に関してはもちろん、すべての面での新しい技術を修得し、わたくしやお店のことを前向きに受け止めていただけるように、日々、色々な事を学び、より良い店づくりに励んで参ります。

2020年も、より一層のご支援、お引き立てを賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

しゃぶ匡オープン

NEW OPEN

 2019年11月7日、しゃぶ匡はオープンいたしました。

なんと、およそ一ヶ月遅れの記事更新でございます。日々の仕込みや様々な手続きに追われてホームページでの記事更新がおくれておりましたが、ご来店いただいたお客様からの温かいお言葉、本当にありがたいことと感謝申し上げます。

 オープンに際しましては、私の住まいである八重岳の地域の皆さま、しゃぶ匡とお隣のやまご屋の地主様とご親族の皆様、友人、先輩、家族、皆々様の多大なご支援によって、しゃぶ匡をオープンすることができました。励まし、支えてくださったこと、感謝の念に堪えません。

 多大な熱いご期待にお応えできますよう、一層、努力してまいります。