花筏に鯉

花筏

時々、思い出したように俳句や短歌を作ります。
わずかな言葉で風景や音色、情景などの心情を表現しようとすると、かえって想像力がふくらみ、まるで言葉に色や音があるかのように感じられます。

デザインやライティングを請け負うことも多いもので、いつでもクリエイティブな言葉が浮かぶよう、無意識にトレーニングしているのかもしれません。

現代では、日常の場で古典的表現を用いる機会がほぼありません。せめて、このような場ではパブリックな表現の場として、丁寧な日本語を使うトレーニングができればと考えています。


さて、散った花びらが水面に浮かぶ様を「花筏(はないかだ)」と呼びます。
今では美しい言葉として人々に好まれ用いられていますが、そう古い言葉ではないようです。前に住んでいた琉球古民家には小さな池があり、その上で咲く寒緋桜によって、池には自然に桜の花筏ができておりました。今日は、それに纏わる俳句と短歌をいくつか作ってみました。

俳句は、短い言葉で場面場面の瞬間を切り取る言葉のカメラのようなものです。ですから、客観的に、心の中に景色や音、情景が浮かべばそれでよしとします。短歌は少し説明的になりますから、その時の主観的な心情が伝えられればと思います。


苔水に はしる鯉の音 花筏

琉球古民家には公営水道が通っておらず、当時は山の湧き水を生活用水として暮らしておりました。庭には小さな池があり、まわりには水苔が生しておりました。苔から滴る湧き水は、苔清水のように清らかに感じられます。池のそばには大きな寒緋桜があり、季節になると水面は桜花でいっぱいになります。そこを、ぽしゃんっと音を立てて、元気よく鯉が泳いでいます。鯉たちも花筏に興じているのでしょうか。

今はただ 苔生しにけり わが庵は 桜花もそよぐ うりずんの風

時がたち、今はもう私の住まいは苔むしてしまいました。
目をうつすと、心地よい春の風に水面をそよぐ花筏。
住まいも私も年を経ましたが、季節は美しくめぐるのですね。

苔筵 青き若夏 風そよぐ 鯉はうるはし 見つつ偲はゆ

かつて暮らした庵、今はもうどこまでも苔が一面に生えている。こういう様を苔筵(こけむしろ)と呼びます。
新緑が青々としており、初夏の風がそよぐ。
仲睦まじい鯉たちをみていると、過ごした日々が自然に思い出されます。


Comments are closed.