20211015_1280_700_optimized

Time to renew

毎日の食事は、ひとの生命にとって、欠かせないものです。
食事とは「人に良いこと」、生きることそのもの。
ひとの暮らしであり、生きがいなのだと思っています。

食べたものが自分の身体となっていく。
食事での自分の振る舞い、人と人と、どう食事を過ごしたか
それは自分自身の生き方、自分自身を創ること。

島の人たちが、ていねいに、一生懸命に育んだ食材を、
できるだけ日常の姿で、最もシンプルに召し上がっていただく。
島と、人と、一緒に生きているんだ。
そういう全身的な感覚が、私にとっての「食のよろこび」です。

「あ~、しあわせ」
こぼれるようなつぶやきを聞くたびに、
ShabuMasaをオープンして本当によかったと思えます。
ここで食事ができること、家族や友人と、おいしく楽しく過ごせること。
それを聞いて、はじめて、そういう時間が今ここに、
この人達の中に生まれているのだなぁと思えることが嬉しいのです。

店を開いてもうすぐ2年、コロナ渦中、多くの皆様にご心配をおかけしました。予約リクエストに応えることができないことも余りに多く、大変申し訳なく思っております。何より、温かいお言葉やご支援に励まされ、今日までShabuMasaを続けることができました。
本当に感謝の気持ちで一杯です。

また、ShabuMasaのほか、様々な地域のプロジェクトに携わらせて頂くことで、日を追うごとに成長させて頂いていることを実感しております。

もとぶ町で7月にスタートアップした「方位 Compass」は、
地元の皆様から、多大なご好意と反響を頂戴することができました。
これはひとえに当人たちの努力と情熱の賜物です。裏方としてメンバーにいじられる程度の役割ですが、みなを誇らしく思っております。

地元の皆様あっての私たち。
自分になにができるか、日々、考え続けています。

「方位 Compass」のようなスタートアップ支援を続けていくこと、
「ShabuMasa」のほか、皆様に愛される食事をみずから提供すること。
支援したい人を、支援すること。

以前はランチしゃぶしゃぶをやっていたのですが、食材の手配や仕込みの都合によって、どうしても最高の状態でお出しできないことに私が耐えられず、続けていくことができませんでした。しゃぶしゃぶを食べたいと思ってくださる方には、ゆったりとディナーでお会いしたいと思っております。

いまは、地元の皆様に感激してもらえるような味わいを、気軽に立ち寄れるような価格帯でやりたい。色々とやりたいことが多すぎると近しい人たちに怒られるのですが、まずは、小さくはじめさせていただいて、期間限定で「手打ちパスタ」を提供しようと考えています。そこから持続的に提供できる体制を着実に整えていきたいと思います。

以前、ご好評を頂いた手打ち沖縄そばから進化した、全く新しいパスタにきっとなります。料理のデベロップも楽しくやってまいります。